心の安定と脳のスペックは繋がっている?!「メンタルの弱い自分」を変えていく為の小さな工夫、その2

運動によって脳の機能を高めることで、感情に流されない緊張に強いメンタルを作っていきましょう、というのが昨日のお話でした。そこで今日は<運動>に<自然>をプラスすることで、さらに高い効果が見込めますよ〜というお話をしたいと思います。

ノースフロリダ大学が行った研究では、18〜59歳までの参加者を3つのグループにわけました。

1.教室で新しい情報を学ぶ

2.ヨガをやる

3.木登りをする

その2時間後にワーキングメモリのテストを行いました。

その結果は…木登りをしたグループは他のグループに比べて50%も能力がアップしていたのです!



ワーキングメモリとは、言い方を変えれば<頭の回転>のようなものです。頭が良いと言われる人たちはこの機能が高い。実際の研究でも、成績が悪い子供ほど、ワーキングメモリの機能が低い…という結果が出ていたりもします。

人生をより良く生きる為に、高められるのであれば高めておきたい能力の筆頭です。

なぜ、木登りで脳の機能が上がったのかというと、自分の位置や動作に注意を向けること(気づくこと)に理由があります。「今自分の足がここにあるから、あっちに進む為には次はこっちの枝に足をかけよう」などと、<変化が予測しにくい状況>に対して<自分の動きを意識的に変えなければならない状態>。つまり、目の前の変化に対応していく行動が、ワーキングメモリを鍛えていくことになるのです。専門用語ではこれを「固有受容性」と言います。



これと同じような効果が見込めるものは他にもあり、「平均台」や「トレイルランニング」なども良いとされています。つい先日も、スポーツ関係者との会話で、「昔は木登りとかをして遊んでいるうちに体幹が鍛えられていた」という内容が出てきました。もしそれが事実だとしたら、体幹だけではなく、脳の機能=感情をコントロールする能力も同時に鍛えていたことになります!

木登りはちょっと…という人は、ボルダリングが良いかもしれませんね。自然の中で過ごすことによるメンタルへのメリットは大きいので、お子さんを連れて、「木登りができる公園」にいくことをオススメします!近くに公園がないという方は、ぜひボルダリングに出掛けてみてください!

本日20時〜Facebook、Instagramにてライブ動画の配信を行います!ブログの内容を詳しく解説していくので、ぜひご覧ください!〜高良心塾フェイスブックページ

心理学・栄養学を取り入れた少人数制レッスンの新体操クラブ&バレエ教室、生徒募集中!海老名、東林間、中央林間にてレッスンを行っています。詳しくはHPをご覧ください

<オススメ本>