緊張とおさらば!本番に弱い…あなたが明日から使える!姿勢によってパフォーマンスが上がる、科学的根拠とは

姿勢を正すことでセロトニンが分泌され、心が安定し、自信のある堂々とした人になっていく…というお話を昨日のブログでしました。

そこで今日は、姿勢を正すだけでパフォーマンスが上がったという具体的な研究をご紹介しながら、お話を続けていきたいと思います。



ニュージーランド、オークランド大学、ブロードベント博士らの研究で、軽度から中度のうつ病と診断された61名の被験者を対象に実験が行われました。実験に先立ち、全員に確認されたのが「背中を丸める傾向がある」ということでした。これは昨日のブログを読んでくれた方は、すでに理解してくれたことだと思います。

研究者はこの61名を「背筋を伸ばして座る」グループと「普通に座る」グループに分けました。そして、プレッシャーがかかる状況で5分のスピーチを行ってもらいました。

その結果は…

背筋を伸ばして座った被験者は、もう一方のグループに比べて、エネルギー、やる気、集中力が増し、恐れが減り、自尊心が高まることが明らかになったのです!



さらに、スピーチの際の自己紹介も上手く、言葉数が多くなり、よりエネルギッシュに見られる傾向がありました。どちらのグループにも<猫背の度合い>が少ないほどネガティブな感情や不安が低くなることも確認されていて、姿勢を正すことの驚くべき効果が明らかになっています。

この研究結果からわかる重要なポイントは、<姿勢を正してスピーチをするだけで>不安や恐怖などのネガティブな感情が減り、上手にスピーチができるようになったということです!



スポーツ心理学の世界でもよく言われることですが、「結果」はコントロールできません。じゃあ何がコントロールできるのかというと「意識」と「行動」の部分です。

<姿勢が感情に影響を与え、パフォーマンスを上げる>というこの実験結果は、誰もが日常で使っていくことのできる、最強かつ即効性のある心強い事実なのです。

本番で緊張しやすい…練習で出来ていることがどうしても試合ではできない。大事なプレゼンでいつもミスをしてしまう…。そんな人達はぜひ、この内容を参考にしつつ、<コントロールできない部分(結果)>に注目するのではなく、<コントロールできる部分(意識)>に注意を向け、成果を出せるように取り組んでみてください!

本日19時~Facebook、Instagramにてライブ動画の配信を行います!ブログの内容を詳しく解説していくので、ぜひご覧ください!~高良心塾フェイスブックページ~

心理学・栄養学を取り入れた少人数制レッスンの新体操クラブ&バレエ教室、生徒募集中!海老名、東林間、中央林間にてレッスンを行っています。詳しくはHPをご覧ください

<オススメ本>