「遊び感覚」と「ゲーム化」が人を前に進めてくれる!固定観念から抜け出し、明日を楽しんでいく為の心理学!



目標達成の方法について、さまざまものをご紹介してきましたが、大事なことは、「人は、大人になっても遊び続ける必要がある」ということです。

ホリエモンこと堀江貴文さんも、著書の中で再三にわたり「本気で遊び続ければ、やがてそれは仕事になる」という趣旨の発言をされています。

 

遊ぶとは、誘惑に負けて何の価値もないものに流されていく、という意味ではありません。
自分の本当にやりたいこと(価値)を見つけ、ルール(目的)を設定し、自分にフィードバックを与え続けること。
これが「大人になっても遊び続ける人生」です。

 

心理学でも、人生を客観的に捉え、ゲーム化していくという考え方がありますが、<遊びの感覚>を持つことによって、遠くに飛んでいた思考を現在に取り戻すことができます。

つまり、今に集中し、今をしっかりと楽しむことができれば、未来への不安が消え、どんな状況にも対応できるようになっていくのです。



たとえば、ゲームをやっている最中にはその対象に没頭しているはずです。
今自分がやっていることに<没頭すること>、これが「大人になっても遊び続ける人生」に欠かせないポイントです!

いつもお話ししていますが、人間は過去を振り返るから後悔し、見えない未来を予測しようとするから不安になります。

 

「価値→ルール→フィードバック」=「目的を定め、自分なりのやり方を設定し、ひたすら失敗と修正を繰り返していく」…このルーティンを繰り返していくことさえ見失わなければ、迷うことはありません。

最近ヒットしている「死ぬこと以外かすり傷」という本がありますが、まさにその言葉の通り、人生には<絶対にこうでなければならない>という決まり事なんてないですからね!

ゲームと同じように、全クリするまで挑戦し続けていけばいいのです。



そんなわけで、数日間にわたり目標設定のお話しをしてきましたが、要は目標達成の手法でさえ、ゲームを全クリする為の一つのアイテムでしかないということです。
攻略本のように心理学書を使い、科学が証明しているあらゆる手法を武器にしていくことで、目標達成率を高めていくことができます!

 

思考が凝り固まらないようにするためには、今に全力で集中し、自己満足でもいいので、狂うくらい頭を使って考え続けていくことしかない、と僕は思っています。
何か目標がある人、今の人生に満足できていない人はぜひ、このブログの内容を実践しつつ、共に学んでいきましょう!!

 

それではまた明日。

<オススメ本>

 

心理学、栄養学を取り入れた少人数制レッスンの新体操クラブ「高良IrisRG」生徒募集中!
定員に到達した為、<東林間キッズクラス>は募集を締め切らせていただきました。
<海老名クラス>は引き続き生徒募集中です!
詳しくはHPからお問い合わせください。




Facebook、Instagramにて週に2回、ライブ動画配信中!
前回の動画はこちら