心の安定と脳のスペックは繋がっている?!「メンタルの弱い自分」を変えていく為の小さな工夫、その1

ワーキングメモリを鍛え、プレッシャーに強いメンタルを作っていく方法について昨日のブログで軽く触れました。9個の項目の中から、あなたに当てはまるものはいくつありましたか?

脳の機能を高めていく方法の中で、みなさんが1番手っ取り早く取り入れられるものは、やはり<運動>ではないでしょうか。運動というと、きついイメージを持つ人もいるかもしれませんが、じつは「歩くだけで脳の機能が高まる」ということがわかっているのです。

イリノイ大学が行った研究では、65人の男女を対象に1年間ウォーキングをしてもらいました。やり方は、1日40分のウォーキングを週3回(自分が楽だと思うスピードで)。その後、全員の脳をfMRIを使って調べた結果、<脳の神経回路ががっつり増えていた>ことが確認されました。

週3のウォーキングだけで脳の機能がアップするとは、なんとも心強い結果ですよね!



さらに、マックス・プランク研究所が行った実験では、32人の男女に早歩きをしながら、ワーキングメモリの性能を測るテストをやってもらいました。その結果は…速いスピードで歩いた被験者ほど、点数がアップしました!

つまり、「30分程度の時間」を「早歩きに使う」ことによって、脳の機能を高めていくことができるのです!特に脳の中でも重要な部分である、「ワーキングメモリ」を鍛えることによって、瞬時の判断能力や問題解決力が高まります。言い方を変えれば<頭が良くなる>わけです。

そして、その鍛えられた部分が、感情を司っている<扁桃体>の暴走を抑えることによって、過度な緊張状態を防いでくれるのです。



このように、脳の中を見ていくと、メンタルとは「学ぶことによって強化していけるもの」だということがわかってくると思います。

ウォーキングにはセロトニンを分泌する効果もあり、心の安定とも繋がってきます。緊張状態が続いた時には、歩くことをオススメします。その際には、自然(緑)の多い場所に行くとさらに効果的です。

まずは小さな積み重ねから、少しずつプレッシャーに負けない強いメンタルを作っていきましょう!

心理学・栄養学を取り入れた少人数制レッスンの新体操クラブ&バレエ教室、生徒募集中!新体操クラブは、人数増加のため<東林間キッズクラス>の生徒募集を一時的に締め切っています。<海老名クラス>は引き続き募集中です。詳しくは「高良Iris RG」HPをご覧ください

Facebook、Instagramにて週に2回ライブ動画配信中!前回の動画はこちら

<オススメ本>